顔の産毛を薄くしたい!恥ずかしい剛毛を目立たなくする方法!

私の産毛、なんでこんなに濃いの!?

 

 

 

はじめまして!

 

私は都内の大学に通う21歳の大学生です。

 

もうすぐ就活を迎えるん時期なんですが、ずっと人に言えない悩みを抱えています。

 

 

 

それは産毛が濃い!ということ。

 

 

男の人のヒゲほどではないですが、近くで見られたら確実に毛の存在に気づかれるレベルです。

 

 

 

高校生くらいの頃から濃くなり、ずっとコンプレックスでしたが、親にも友達にも

 

「私、剛毛なんだよね〜」なんてとても相談することができず、一人悶々と悩んでいました。

 

今思えば打ち明けた方がまだ楽だったのかもしれないですが、ちょっと顔を近づけられただけでも、

 

素早く顔を離すくらい、異常に産毛を見られるのを恐れていたんです。

 

 

 

 

もちろん、お風呂場でこっそり顔を剃ったりなんかもしていました。

 

でも、剃っても剃ってもすぐに生えてきちゃいますし、

 

生え始めのポツポツした黒い点も目立つんですよねぇ…。

 

 

 

そんな訳でこれまで自分の顔に自信が持てずにいた私。

 

しかし、今後就活での面接で多くの人と会うことになりますし、社会人になったら忙しくて

 

小まめに産毛を剃る余裕は無くなるかもしれません。

 

 

 

そこで、これまで産毛の処理の仕方ばかり気にしていましたが、

 

「そもそも産毛を薄くする方法はないの?」ということを調べてみることにしたんです。

 

産毛が濃い人はこんな人!

 

 

 

調べてみて分かったんですが、私以外にも産毛が濃い女性って結構いるみたいですね。

 

ちょっとだけ安心しました(笑)

 

 

 

でも、何もしなくても全く産毛が分からないくらい薄い人もいますよね。

 

この顔の産毛が濃い人・薄い人の違いはどこから来るんでしょうか?

 

 

生まれつきの遺伝

 

 

 

残念ながら人間は生まれながらに不平等なもの。

 

両親や祖父祖母が毛深いとその遺伝を引き継ぎ、

 

自分も毛深くなってしまっている可能性があります。

 

この場合が一番厄介で、元々の体質はなかなか改善するものではありません。

 

 

 

遺伝が毛の濃い理由100%の人であれば、処理をし続けるしかないですね…。

 

ただ、他の原因と合わさって毛が余計に濃くなっていることもあるので、

 

希望は捨てないでください!

 

 

環境によっても毛が濃くなる

 

そもそも毛は何のためにあるのかと言えば、身体を守るためです。

 

ちっちゃくて全く役に立たなそうな産毛も、ちゃんと紫外線から身を守ったり、

 

汚れを絡め取ったりする役割があるんですよ。

 

 

 

ですから、紫外線を浴び続けたり、寒い環境に長くいたりすると、

 

身を守るために産毛が濃くなる場合があるようです。

 

お金持ちのお嬢様で毛深い人って見たことないですが、

 

箱入り娘で厳しい環境に置かれないって理由もあるのかもしれないですね(笑)

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

 

 

最近毛深い女性が増えていると言われますが、その理由がこれ!

 

上の2つよりも圧倒的にこちらに当てはまる女性が多いと思います。

 

 

 

ホルモンバランスの乱れとは、簡単に言えば女性の身体の中にある女性ホルモンが減少し、

 

代わりに男性ホルモンが多くなるということ。

 

その結果、男性のように剛毛になってしまうんですね。

 

ホルモンバランスの乱れは他にも、生理不順や不妊、情緒不安定、肌荒れなどの症状も

 

出ることがあり、女性にとっては一大事。

 

 

 

女性の社会進出が原因とも言われていますが、これは女性の社会進出自体が原因というよりも、

 

それに伴うストレスや、生活習慣の悪化などが悪影響を及ぼしているようです。

 

つまり、これらのことを改善していけば濃くなった毛を薄く戻せるってことでもあります。

 

女性ホルモンを増やすには?

 

 

 

上でも書いた通り、途中から毛が濃くなってきた人の場合、

 

女性ホルモンが正常に分泌されなくなることが大きな原因です。

 

ホルモンバランスの乱れはストレスや不規則な生活習慣が起こすことなので、

 

生活を1つ1つ見直して、女性ホルモンがドバドバ出るようにしてあげましょう。

 

 

ストレスを無くす

 

 

 

女性ホルモンが上手く分泌されなくなる最大の原因はストレスです。

 

女性の社会進出がホルモンバランスを乱すと言われるのもこのためで、上司から理不尽に怒られたり、

 

成績ノルマのプレッシャーなどのストレスが働く女性達に重くのし掛かっているみたいですね。

 

私はまだ社会に出て働いている訳ではないですが、自分でもストレスに弱いと感じているので、

 

産毛が濃くなった原因はこれじゃないかと思っています。

 

 

 

あなたは自分のストレス解消法をなにか持っていますか?

 

 

 

帰宅したり、子どもを寝かしつけてからの短時間でも何かリラックスできるような

 

方法を自分なりに持っておくと心強いですね。

 

例えばアロマを炊きながら、音楽を聞いたり読書をするなど毎日の習慣にしやすい解消法は

 

翌日にストレスを持ちこさないのでおすすめです。

 

 

バランスの良い食事を心がける

 

 

女性ホルモンを出しやすい身体にするためには、○○の栄養素さえ取っておけば大丈夫!

 

というものはありません。

 

好き嫌いなく満遍なく食べることが一番です。

 

 

 

この「満遍なく」というのが実は結構難しく、健康を考えてダイエットしている方の中には

 

炭水化物を抜いたりする人もいますよね?

 

これもホルモンバランスを崩す原因になってしまうんです。

 

ダイエットするのなら、何かを完全に抜いてしまう食事制限ダイエットよりも、

 

運動を中心にしたダイエットの方が健康には良さそうです。

 

 

 

また、女性ホルモンを作るとは違いますが、大豆に含まれるイソフラボンは体内で女性ホルモンと

 

同じ働きをするとされているので、女性ホルモン不足の人は納豆や豆腐など大豆食品は積極的

 

に食べてみるといいかもしれません。

 

 

身体を冷やさない

 

 

 

小さい頃「女の子は身体を冷やしたら駄目」と言われたことはありませんか?

 

なんで男の子は良くて女の子は駄目なのかというと、身体を冷やすとホルモンバランスが乱れるから。

 

女性ホルモンを作っているのは子宮なんですが、身体が冷えると子宮の動きが弱まり、

 

充分に女性ホルモンが作られなくなってしまうんですね。

 

(ただ、普通は毛が濃くなることを心配してではなく、不妊になることを心配して言われるんですが(笑))

 

 

 

 

身体が冷える状態というのは、雨に塗れてしまうような直接的なこと以外にも、

 

冷たい物を大量に食べること、身体をあまり動かさず体内の血行が悪くなることでも起こります。

 

 

 

身体を冷やさないためには

 

  • 夏でも冬でも寒いと思ったら厚着する
  • コーヒーやアルコールの飲み過ぎに注意する(血行が悪くなりやすいため)
  • お風呂ではしっかり湯船に浸かって身体を温める
  • 夏でも冷たい物を摂りすぎない
  • ショウガなど体内が温まる食べ物を食べる

 

などの対策が効果的です。

 

やっぱり親や親戚の言うことは聞いとかなきゃ駄目なんですね!

 

 

良質な睡眠を取る

 

 

 

社会人の先輩方は忙しくても睡眠ちゃんと取れているでしょうか?

 

女性ホルモンは睡眠中、しかも大部分は深い眠りであるノンレム睡眠の時に最も分泌されます。

 

そのため、身体を休めるためのレム睡眠しかないような質の悪い睡眠だと、

 

どれだけ眠っても女性ホルモンは少ししか出てこないんです。

 

 

 

つまり、睡眠時間を沢山取ることよりも、良質な睡眠を取ることの方が大事ということ。

 

質の良い睡眠を取るためには、以下のようなことをしてみるといいですね。

 

  • 適度に身体を動かすようにして、身体を疲れさせる
  • 寝る前にリラックスタイムを作る(テレビやスマホを見ない時間を作る)
  • 寝る前にホットミルクを飲む
  • 朝起きてすぐに朝日を浴びて体内時計をセットする

 

「夜ぐっすり眠れた気がしない」って人は是非試してみてください。

 

 

適度な運動

 

 

 

最後はここまで何度か出てきてますが、運動です。

 

運動って大人になると、今日見ない人は全然やらなくなりますよね。

 

 

 

でも、良く眠れるようにするため、そして血行を良くして身体を温めるために欠かせません。

 

運動嫌いって人でも寝るちょっと前にストレッチをするだけで、かなり違うみたいですよ。

 

特に勉強や仕事で普段あまり動かないような人は、1日3分〜5分程度でいいので、

 

寝る前のストレッチを実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

下は「東洋羽毛」という寝具メーカーの動画ですが、

 

快眠に導くストレッチのやり方を上げてくれていますので参考にどうぞ。

 

 

 

産毛処理しながら産毛を薄くできるクリーム

 

 

 

ここまで紹介した生活習慣を改善し女性ホルモンを増やす方法は

 

絶対にやっておいてもらいたいことですが、生活習慣を変えたり

 

体質を変えるのは結構時間がかかってしまうもの。

 

その間は、産毛は当然濃いままです。

 

 

 

でも、実際には1分1秒でも早く産毛を薄くしたいって人がほとんどでしょう。

 

私だってそうです。

 

そんな人のために産毛の処理をしながら産毛を薄くしてくれるクリームを紹介したいと思います!

 

 

 

それが下の「NOISU」というクリームです。

 

 



 

 

 

 

これはカミソリなどで産毛処理した毛穴をぎゅっと引き締め、しっかり保湿してくれるクリームです。

 

更に、上でも紹介したイソフラボンなど女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれていて、

 

毎日塗ることで、産毛を薄くしてくれる優れ物なんです!

 

塗るだけで薄くなるって凄くないですか?

 

 

 

レビューでは「産毛処理を忘れるくらい目立ちません」とか「近くで見られても平気」

 

なんていう高評価が並んでいて、リピート率も90%以上という凄い支持を受けています。

 

リピート率が高いって事は、効果を実感できてる人が多いって事ですよね。

 

 

 

 

私は2ヶ月前に見つけて、すぐに飛びつきました。

 

就活まで時間が無いですし、一刻も早く治したかったからです。

 

また、初回購入分に無期限返金保証が付いているのも大きかったですね。

 

大学生なので4,600円を丸損するのは痛いですが、合わなかったら返金できる安心感で

 

購入に踏み切れたんです。

 

 

 

で実際に使ってみた感じですが、使い心地的には他の美容クリームとあまり変わりません。

 

クリームというよりもジェルのように良く伸びてベトベトしないのが好印象。

 

メイクなんかの邪魔にならないので使いやすいと思います。

 

 

 

で、肝心の産毛ですが、薄くなりました!

 

最初の1本を使い切る1カ月後くらいから徐々に「あれ?ちょっと薄くなったかな?」って

 

感じられるようになり、2本目の途中には「確実に薄くなってる!」と確信しました。

 

これは評価が高いのも納得です。

 

 

 

産毛が薄くなったお陰で、最近は処理した後生えてくる黒いツブツブが目立たなくなりました。

 

それまで処理した後でもいつも不安だったので、本当にこれだけでも安心感がありますね。

 

 

 

値段は定期コースで4,600円と少々高めではあるんですが、保湿とかもこれ1本でできるので、

 

まぁ許容範囲内かなぁと思います。

 

定期コースでもいつでも解約はできますし、上でも書きましたが最初の1本目は

 

返金保証がついているので、試して損はないはずですよ。

 

 

 

 

 

一刻も早く産毛を薄くしたい方は女性ホルモンを増やす生活習慣の改善と、

 

「NOISU」是非試してみてくださいね!